くらいまっくす・ぱぺっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【デュエルマスターズ】新殿堂予想

せっかく4種ということが発表されたのだから、乗っておきましょう。

ということで、予想でもしてみます。

以下続きから



【新プレミアム殿堂候補】

《光牙忍ハヤブサマル》
殿堂したがゆえに、ビート同型とかで引いた者勝ち・・・のような状況になったとか。
やはり、ノーコストで突然出てくるブロッカーは脅威。《超次元リバイヴ・ホール》などの墓地回収で使いまわすのも強い。
ただ、基本的に受けるだけのカードということもあり、4種の中に入ってはこなさそうという印象。

《エンペラー・キリコ》
謎のコスト踏み倒し機。殿堂しろ殿堂しろ言われてた時に当然のように殿堂していったカード。
周りのカードも揃って殿堂したこともあり、その後一時期落ち着いてはいましたが、E1に入って《サイバー・N・ワールド》《復活の祈祷師ザビ・ミラ》《ボルバルザーク・エクス》等異常なまでも相性のいいカードが登場。レギュラーで1,2フィニッシュしたこともあり規制されそう。

《蒼狼の始祖アマテラス》
《エンペラー・キリコ》と一緒に用いられることが多いカード。
クリーチャーを場に残しながら、その場にあった呪文詠唱は強力・・・というか汎用性がすごい。
最近では、軽量超次元呪文も唱えられるようになってさらに強化された。

《邪神M・ロマノフ》
《ガイアール・カイザー》が登場してから《超次元シューティング・ホール》との組み合わせでビートの一角を担っている(いた)進化クリ。MRCの中で一人だけ暴れている(
という状況だが、ゴッドという点が妙に引っかかる。最近は少し落ち着いているとか・・・

《母なる紋章》
3コストの超強力踏み倒し呪文。最初は《母なる大地》の調整版として出されたのだと思いますが、これでも十二分に強かった。
《復活の祈祷師ザビ・ミラ》《ボルバルザーク・エクス》等強力なcipクリも増えて、より凶悪に。
用途は結構違いますが、後釜として《母なる星域》もあるので、プレ殿してもよさそうです。



【新殿堂候補】

《サイバー・N・ワールド》
6コストにして謎のリカバリー力をもったクリーチャー。キリコ系統をトップメタにまで戻した第一人者。
《ボルバルザーク・エクス》との相性もすさまじく、E1環境では猛威を振るった。実は通常環境でも行けるとか行けないとか・・・。
謎のリカバリー力を持ってるくせに、なぜか6000打点2。強い。

《マーシャル・クイーン》
裁定変更でS・トリガー使用可となってから、一躍有名になったカード。
V1全国でも活躍した。
ただ、個人的にあくまでも地雷ポジのカードだと思っているのでかからなさそうだと思ってます。

《解体人形ジェニー》
昨夏あたりに、コロコロによって謎のフラグが立てられたカード。
前回は結局しませんでしたが、今回はいかに(

《ヴォルグ・サンダー》/《雷獣ヴォルグ・ティーガー》
クリーチャーの20枚前後投入を強いてくる害悪サイキッククリーチャー。
ついでにとか言って、7000打点2が残る点も強い。
そして、コストが6であるがゆえに《復活の祈祷師ザビ・ミラ》で湧いてくる。まさに害悪である。
最近では、《偽りの名 ゾルゲ》+《紅蓮の怒 鬼流院 刃》との即死コンボもできたようで・・・。
このように表面が強い・・・というか強すぎるせいで裏面は目立ってない(

《復活の祈祷師ザビ・ミラ》
出た弾的に、《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》やらをそろえるために作り出されたのだと思われますが、ダークサイドが出てから、基本的に《ヴォルグ・サンダー》を大量に投げつけるだけのカードに・・・。
個人的には《ヴォルグ・サンダー》を規制すれば問題がないのではと思ってます。

《超次元バイス・ホール》
すでに《時空の支配者ディアボロスZ》とは規制がかかっているカード。
出た当初はあまり目立っていませんでしたが、出せる範囲の広さがすさまじいためサイキッククリーチャーの増大とともに強さもうなぎ上り。
また、相手の手札を見てから、サイキックを出すというのも強さの一つ。

《進化の化身》
《邪神M・ロマノフ》をはじめとする進化クリーチャーを用いたビートでよく使われる。
出た当初と違い、場に進化クリーチャーがいなくても出せ、かつ、このカードからつながる5コストで強力な進化クリーチャーが複数登場し化けた。
最近登場した《超電磁コスモ・セブΛ》との相性もよい。

《ハッスル・キャッスル》
緑の強力な置きドロソ。《雷鳴の守護者ミスト・リエス》よりも反応対象は狭いが、特筆すべき破壊耐性をもっている。
ネクラをはじめとする、青が入っていないデッキでのドローを支えている一枚。

《ボルバルザーク・エクス》
《無双竜機ボルバルザーク》の強さを追加ターン以外で表現した結果やっちまった感があるカード。
むしろ負けのデメリットがない分使いやすかったりも・・・。ただ、登場してからたった4ヶ月しかたっていないため、今回はかからなさそうである。








こんなもんでしょうか。
E1関東以降まともにやっておらず、その時期までの印象が強いので、今の環境とは若干食い違っているところがあるかもしれません・・・あしからず



難しいけど、この中から4種に絞ってみました。

以下が予想です


【新プレミアム殿堂】
《エンペラー・キリコ》
《母なる紋章》

【新殿堂】
《ヴォルグ・サンダー》
《進化の化身》


《進化の化身》は、《超次元バイス・ホール》(と《ハッスル・キャッスル》)あたりと少し悩みましたが、《ハイドロ・ハリケーン》のように「え?このタイミングで・・・」ていう感じのk-ドが毎回あるような気がするので、ほんの少し前に猛威を振るった《進化の化身》で・・・。
今も変わらずM系統のデッキが活躍してるのであれば、すいません
《超次元バイス・ホール》も殿堂すれすれの強さだとは思ってます。


おしまい




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/02/09(木) 23:17:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【デュエルマスターズ】DMX-06 ヒーローズ・ビクトリー・パック 燃えるド根性大作戦 開封結果 | ホーム | 【ヴァンガード】ぷらねっとかっぷ>>

コメント

結局、以下の通りになりましたね・・・。                                プレミアム殿堂・・・エンペラー・キリコ    M・ロマノフ     母なる紋章                  殿堂・・・カラフル・ダンス           キリコは覚悟していたものの、カラフル・ダンスとは・・・再誕の聖地やS・Cのせいですかね・・・  (もしかしたら違うかもしれませんので、ご了承ください)
  1. 2012/02/13(月) 17:34:50 |
  2. URL |
  3. カイロ・キリコ・ナメコ #g7/zg/gM
  4. [ 編集 ]

返信

>カイロ・キリコ・ナメコさん
そうみたいですねー。
わざわざ、情報をありがとうございます。
カラフル・ダンスは意外でしたね・・・。
公式でも発表されたので、取り上げました
  1. 2012/02/16(木) 16:35:30 |
  2. URL |
  3. ひとりマン #NhtfC5XQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitorimanpuppet.blog55.fc2.com/tb.php/103-e838a6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

ひとりマン@ぱぺっと

Author:ひとりマン@ぱぺっと
TCG(デュエルマスターズ・ヴァンガード)・ポケモンプレイヤーなのです。
受験終わって、復帰! めでたしめでたし


DM vaultさん、ヴァンガードvaultさんでのHNも ひとりマン なのです。


ポケモンの腕はダブル>シングル(だと勝手に思ってる)
今は少しずつ、第5世代に手を出し始めてるところ


ポケモンブラックフレコ
3352-9583-8820


ついったーです↓
http://twitter.com/Hitoriman
気軽にフォローよろしくおねがいします><

ついったー

Twitter ブログパーツ

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ブログ関連 (3)
トップページ (1)
報告 (2)
デュエルマスターズ (51)
デッキレシピ (13)
大会レポート (22)
その他 (16)
ヴァンガード (49)
デッキレシピ (13)
大会レポート (30)
その他 (6)
ポケモン (2)
雑記 (2)
Z/X (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。